喪中トップページ > 喪中はがきの用紙について

喪中はがきの用紙について

年賀職人では3種類の中からお選びいただくことができます。

喪中はがき用紙

(1)官製はがき(胡蝶蘭)

胡蝶蘭の落ち着いたデザインの料額印面ですので、寒中見舞や喪中はがきにご利用いただける官製はがきです。

(2)私製はがき(年賀職人オリジナル喪中用)

料額印面に蓮の花をデザインし、薄墨色で印刷されたオリジナルはがきです。
投函には弔事用の62円切手を貼ってご利用いただきます。

年賀職人オリジナルの私製はがき用紙について

年賀職人の私製はがき用紙は、平和紙業株式会社のエコロジーペーパー、マシュマロCoCを使用しています。
きめ細かいツルツルとした表面、高い白色度が特徴の最高級上質紙です。インクジェット・レーザープリンタともに相性が良い用紙です。 非塗工紙としては、世界最高水準の平滑性をもち、光沢を抑えた仕上がりとなっています。
ご家庭でのインクジェットプリンタでの宛名印刷にも問題なく安心してご利用いただけます。

(3)私製はがき(年賀職人オリジナル喪中用)+62円切手(弔事用)のセット

年賀職人オリジナルの喪中用私製はがきに、弔事用の62円切手(花文様)をセットにしてお買い求めいただけます。

メリットとデメリット

 官製はがきは、宛名の書き損じなどの場合、郵便局で新品のはがきに交換することができますがその際には、1枚5円の交換手数料がかかります。メリットといえば、切手を貼る手間が省けることくらいでしょうか。
 年賀職人オリジナルの私製はがきは、はがき代が無料サービスです。私製はがきの場合は62円切手を貼って投函することになりますので、切手を購入したり、貼ったりという手間がかかります。年賀職人では、弔事用の62円切手を同時にお求めいただくことができ便利になりました。

ご注文手続き後の流れ

ご注文の確定後、弊社では直ちに印刷工程へ進みます。納期については下記の表をご確認ください。

※午前中のご注文は、ご注文当日に出荷いたします。
※午後からのご注文については、翌営業日の出荷となります。
※日曜・祝日は発送業務をお休みいたしますので、翌営業日となります。
※箔押し喪中はがきは、ご注文日の3営業日後に発送いたします。
※宛名データの内容・件数によっては、出荷までに追加の日数をいただくことがございます。

よくあるご質問

2018年の喪中はがき、2019年の年賀状の印刷は、私たち年賀職人スタッフにおまかせください。
今年も『最短のお時間で、最大のサービスのご提供』をテーマに心をこめてつくらせていただきます。

ページトップへ